世界は楽しさで出来ている

世界は楽しさで出来ている

好きな場所で楽しく生きるために挑戦です

ゲストハウス金魚家から龍安寺~仁和寺~南禅寺へ(京都一人旅~2日目 ~)

 前回のあらすじ

happysky.hatenadiary.jp

 

~2日目~

 

寝起きに今後の予定を布団の中で考える。

 

龍安寺に行った後の事、いつ帰るかすらも考えていない状態だった。

 

「自由過ぎたか?」

 

少し焦る気持ちもあったけど

 

 

「まっ!あした帰ればいいな!」

 

 

完璧すぎる結論

 

 

今日、泊まるゲストハウスをスマホで探し、予約をいれ京都2日目がはじまった。

 

朝の涼しい風が足取りを軽く、バス停へと向かわせた。

 

 

「あららららぁー!バスが来ない。」

 

 

30分バスを待って、ようやく龍安寺に向かうバスが来たけど、金閣寺にも向かうバスで乗車率130パーセント超え

 

 

一人も乗れるスペースが無い!仕方ないから歩いて行くか~

 

 

弱気な思いと同時に、旅らしくていいんじゃないか!と変な希望の光が心にさしていた

 

 

修行のように龍安寺へと歩む決意を固める。
f:id:da--isuke:20170621134425j:image
風が気持ちよく、ひたすら歩く事も苦ではなく、心地のよい修行と割りきる。

 


f:id:da--isuke:20170621134906j:image

ようやく到着して園内へと入っていき、ここから石庭まで歩く修行

 
f:id:da--isuke:20170621135441j:image

なんのために作られたか分かっていない15個の石がある石庭。

この石庭の意味は見る人にゆだねられてある。

 

 f:id:da--isuke:20170621140424j:image
無心でただぼんやりと座って眺めていた。

 

白い砂利はとってもマブシイ


f:id:da--isuke:20170621141241j:image つくばいというものらしい

銭形で、和の心を象徴しているものだ。

 

一つ家においてみませんか?

 


f:id:da--isuke:20170622015546j:image

石庭の後ろのふすま

 

 和です。

 

布団ひこうかな

 

 

仁和寺を目指しひたすら自分の足で歩く

 
f:id:da--isuke:20170622030049j:image

こっちだよ!

 

どうやら矢印にそって進めばいいらしく、親切な感じが好感度UP


f:id:da--isuke:20170622030240j:image

龍安寺から、結構歩いた気がするが到着!

 

って門が小さくないか?

 


f:id:da--isuke:20170622030740j:image

圧倒的な力強さを放つ仁王門

 

どうやらマップで確認すると、東門から入って来てしまったらしい。

 

矢印の好感度がかなりダウン

 


f:id:da--isuke:20170622031521j:image

南庭は常にキレイに整えてあるようで

環境維持ご苦労様です。

 


f:id:da--isuke:20170622031904j:image

仁和寺で一番好きな景色

 

絶景過ぎて布団引いて寝てもいいですか?

 

不思議な雑念にとらわれてしまう。

 

 

f:id:da--isuke:20170622032025j:image

蓮の花も静かに咲いている。

 

ひっそりと自分の人生の花も咲かせたいもんだ。

 

(暗っ!!)

 


f:id:da--isuke:20170623141546j:image
敷地内にある五重塔が木々に囲まれている。

 

高過ぎて近くに行くと、まともな写真はとれません。

 

人にも建物にもある程度の距離感が必要だと僕は、心のさとりを開きました。

 

 

深い歴史を感じながらも、カフェでひと休みしたいという、雑念が強く出てしまい負けてしまう。

 

 

アイスカフェオレを探す旅が今はじまった。

 

 

「カフェオレどこじゃい!」

 

 

 

しばらく歩き、強烈な雑念とともにカフェオレ探しのゴールへとたどり着いた。

 

 

個性的な店内のワンダーカフェ
f:id:da--isuke:20170623141406j:image
オリンパスの古いカメラ

お洒落だな~!とカメラでカメラを撮影


f:id:da--isuke:20170623143741j:image

個性的な店内に飽きることなく

ブログも個性が大事らしい!

 
f:id:da--isuke:20170623143850j:image

キノコクリームパスタセット

角切りのゴロゴロしたベーコンがアクセントかなりうまいし量も味も大満足!!

 
f:id:da--isuke:20170623144109j:image
セットのアイスカフェオレ

 

コーヒーの味も苦味も残り完璧すぎる

このバランス感は家でも再現したい

 

 大満足で店を出て駅まで歩く

 

 

地下鉄乗って南禅寺へ 

f:id:da--isuke:20170625135806j:image

渋くても堂々と存在感放ってます

柱が太く力強い‼

 

f:id:da--isuke:20170625141505j:image

 

f:id:da--isuke:20170625141313j:image

f:id:da--isuke:20170625141441j:image

木漏れ日が眩しい昼下り

平和な時間をお過ごしください。

 

 


f:id:da--isuke:20170625142045j:image

神様っていますかね?


f:id:da--isuke:20170625141945j:image
庭園を観てみると光と影が一つの作品になっていて、ただ立ち尽くし景色を眺めた。

 

 

ヘトヘト今日のゲストハウスへ向かおう!

 

 

 

心地いい疲労感を感じながら今日のゴールへと向かって行った。

 

 

 

一人を感じさせないゲストハウス

 


f:id:da--isuke:20170625205841j:image

 入口を発見

 


f:id:da--isuke:20170625205933j:image

多くの旅人がここを訪れ、メッセージを黒板へと残している。

 

もとは呉服屋の倉庫だったとかこちらも驚く。

 

 


f:id:da--isuke:20170625210115j:image

世界各国、それぞれの言葉で旅の想いが書いてある。

 

 

 

評細情報はこち

www.north-key.com

 

ドミトリー3600円 タオル・バスタオル無料、なんと耳栓もくれる!

 

大爆音のいびきの人もたまにいるらしい

 

 

旅をしてきた、ご主人の気の利く気配りに感謝です。

 

 

それに旅に関する事など気さくに話してくれるので、とっても興味深く聞き入ってしまい、あっと言う間に時間は過ぎた。

 

初対面のゲスト同士をきちんと結んでくれる、もう一度行きたいと思うゲストハウス

 

ここで出会った仕事に絶望を覚える23歳の自衛隊員の別れ際の

 

「また来ます!」

 

その一言がそれをものがたっている。

 

 

三日目へつづく