世界は楽しさで出来ている

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は楽しさで出来ている

好きな場所で楽しく生きるために挑戦です

家庭菜園したいと畑を探しに行ったがそこには遺跡が待っていた。

GWを地元の宮崎県で過ごしていたある日

僕は、友人の畑を見たくなった。

 

正確には、確か畑持ってるんだよね~?

という友人の一言を確認する為

 

いきなり過ぎる展開に

ただワクワク感が漂ってきた。

 

 

鍵を握る友人のじっちゃんジョセフィーニ(仮)に話を伺った。

 

Q、畑あるん?

A、あっ?畑や?

 

Q、そうそう畑

A、あるど!

 

Q、どこにあるん?

A、あっちのね、えぇ~とね!待って・・・突き当りの電柱

 

Q、OK

A、OK

 

 

どうやらあるようだ。

 

 

僕たちは調査の隊員となり身支度を整える為、作業着、長靴を近くのホームセンターに求めにいった。

 

 

8000円の経費をサイフからレジへと出して準備は完了。

 

 

はい!出勤!!

 

 

 

 

 

 

 

そこに広がるものとは一体何なのか?

 

 

f:id:da--isuke:20170517194159j:plain

広大なサバンナ!!茂みの奥から肉食獣がこちらを狙っているかもしれない。

肉食獣よりマムシに注意とのこと。

 

 

 

f:id:da--isuke:20170517194638j:plain

倒壊したマヤ文明の遺跡の名残だろうか?哀愁漂う。

 

 

 

f:id:da--isuke:20170517195314j:plain

遺跡の中心部は草が行く手を阻み倒壊の恐れも・・・安全第一

 

 

f:id:da--isuke:20170517200039j:plain

草を刈り調査を開始すると当時の豊かな生活を物語る出土品(椅子、ビールケースなど)が出てきた。

 

 

 

 

どうして荒廃への道をたどったのか?

ただ単純に長年放置してしまった為、豊かさを築いた文明は崩れ去っただけである。

 

ごくごく自然の流れに任せている時間が長かった!

 

という調査結果が隊員みな口そろえていう言葉である。

 

 

 

今後、当時の豊かさを取り戻す為に!

 

時間労力が沢山必要である。

そして、作業中のこまめな水分補給、道具の準備も必要不可欠

 

今回は草刈だけで時間が鎌だけでは刈りきれずだったので機械の力を惜しげもなく使う必要がある。

 

草を刈る機械も使ったが広すぎて手に負えないのは内緒

 

自家用でも広過ぎると手に負えなくなる為、自分の暮らしにあった広さがいい

 

 

ただそこにはみんなの笑顔が広がっていた。